街コンと婚活パーティーは似て非なるもの?

近年は新しい出会いの場として街コンや婚活パーティーといったイベントが各地で開催されているが、この2つは似たようなイベントのようにも思われているが、実際に比較をしてみるとかなりの違いがあることが分かります。
そもそも街コンとは街一帯を借り切って行われる地域活性化も目的としたイベントで、参加している街の中にある数多くの飲食店が協力してくれて地域活性化と共に新しい男女の出会いの場を提供するイベントです。
それに対して婚活パーティーはその名の通り婚活を目的とした男女を一堂に集めて、将来も考えられる出会いを提供するイベントなので街コンとは内容もかなり違いがあります。

まず、街コンは街一帯を借り切ってかなり大規模で行われるイベントなので参加人数が多い特徴があります。
少なくても数十人規模で多いと数百人規模のものもあるので、かなり多くの異性と出会うことができます。
それと比較して婚活パーティーは本気度が高い人が集まるので人数は比較的少なめで数人から多くても数十人規模のものがほとんどです。
つまり街コンは婚活というよりも気軽に参加して異性と楽しく出会える恋活を目的としているのに対して、婚活パーティーは本気度が高くて結婚まで考えられる人との出会いを求める婚活を目的としたイベントです。

目的が違えばメリットとデメリットもそれぞれ異なります。
例えば街コンは本気度が低いので気軽に参加できるメリットがあったり、大勢の異性と連絡先を交換できるので沢山の出会いを求めている人には適しています。
また、様々な飲食店を回ることができるので美味しい料理を低価格で楽しめるメリットもあります。
一方で、気軽に参加している人が多いので中には遊び目的も多かったり酷い場合はビジネスの勧誘目的で参加している人もいるので、本気の出会いを求める人には物足りない可能性があります。

それに対して婚活パーティーは参加している人数が少ないので本気で恋愛をするというよりも、将来を考えられる人を見つけるといったイメージです。
なので結婚に焦っている人は適しているが、恋愛として本当に好きな人と結婚をしたい人だと相手が見つからない可能性があります。
また、飲食物の提供をメインで行うイベントではないので飲み食いを楽しみたい人には物足りないでしょう。
ただし、提供される飲食物が少ない分料金は安くて平均的に見ると街コンよりも婚活パーティーの方が安い設定になっています。

このように一見すると似たようなイベントにも思える婚活パーティーと街コンだが、それぞれ目的が違ったりサービスの内容が違うなど様々な相違点があるので、参加する場合は違いを理解した上で参加してください。